つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

けんちゃんのこと その弐というか雑記

続きです。

はやけんちゃんの話とゆうか、子育てあるあるみたいになってますけど(笑´∀`)

里親絡みで、先日勉強会があって、その講師の先生の話がめちゃくちゃ印象に残ったので、記録しておきます。

その先生は渡辺久子さんという小児科医で、乳幼児精神保健分野の第一人者だそうです。とってもパワフルなおばあちゃん(失礼?)で、乳幼児との関わり方というテーマでお話をしていただき、お話全般にとっても面白かったのですが、中でも印象深かったのが、同僚の小児科医の話。

あるお母さんが、とても小さなAちゃんという子を出産しました。Aちゃんは超未熟児で、生まれたとき500gくらいしかなく、当然ながら産まれてからずっと集中治療室にいました。

Aちゃんのお母さんは毎日のように、先生に聞いたそうです。「うちの子は大丈夫でしょうか?障害が出るでしょうか?」

その先生は、あるときお母さんにこう言いました。

「お母さん、僕は、Aちゃんのことをたくさん調べました。海外の文献も全部目を通しました。でも、どこにもAちゃんのことは載っていませんでした。」

要するに、この先生が言いたかったことは、

同じ子は誰一人いない。

ってこと。

当たり前かもしれませんが、私はとても素敵な先生だと思いました。他の文献と比較して、障害が残る可能性は何%、って言うことだってできたと思います。

でも、可能性はあくまで可能性。Aちゃんの人生がどうなるかなんて誰にも分からない。突き放しているようでもあるけれど、私には、そういう風には思えませんでした。

何があってもAちゃんは世界でたった一人だから。

そう聞こえました。

って何が驚きって、赤ちゃんって500gでも生きて産まれてこれるんだね。

つくづく、生命とは神秘です。

私、里親になって良かったことは、いろいろな子供たちに出会えることもそうですが、こういう話を聞く機会を与えていただいたり、障害を持つお子さんを養育している里親さんの話とか、施設の人達のお話を聞く機会が多くあるってことです。

前述の神(大先輩の里親さん)が言ってたのですが、

「本当に、血のつながりなんて関係ないよね。なかなか、周りには理解してもらえないけどね。子供は本当に可愛い」と。

私は実子が残念ながらいないので、実子がいかほど可愛いのか、里子ちゃんと比べることができないのでわかりません。

周りからはよく、「お腹を痛めた子供は可愛い」とか「実子じゃない子を育てるなんて偉いね!」(←実はこれが一番イヤ。)とか言われますが、私自身は比較対象がいないので、ピンとこないのです。姪っ子はいますが、姪っ子より断然けんちゃんのほうが可愛いぞ。だから、比べたらやっぱり違うのかなぁ?と想像するしか出来ません。

でも神さまは実子もいるし、他の里親さんも実子もいる人は多いので、実子も里子もいる方に、そういう風に言ってもらえると、とっても嬉しくなります。

里親登録したときには、養子縁組里親の希望の方が大きくて、赤ちゃん養子縁組の説明会にも出かけたわたくしですが、最近は考え方が変わってきました。

別に、戸籍とかどうでもいいかなって。

養子縁組を希望する一番の理由は、「だって途中でいなくなったら悲しいじゃん?」だったのですが、なんかそれって、ただの大人の事情だなぁって。

もちろん、特別養子縁組という制度は、あくまでも子供の生活の安定とか、子供の福祉の為にある制度で、その制度そのものは良いことだと思います。

でも、なんというか…ざっくり言うと、

「どっちにしろ血繋がってないじゃん?」

ってことなんですよね。特別養子縁組したって、戸籍を見ればわかってしまうので、子供にはどちらにせよ、真実告知は不可欠です。

それに、いなくなったら寂しいじゃん、って。
子供は親のものでも誰のものでもなく、一人の人間です。実の子だって、いつまでも側にいてくれるわけじゃないし。突然、いなくなってしまう可能性もどんな家にだってあるわけで。

それよりも、ただただ、安心して帰れる場所、わがまま言える場所、ぐっすり寝れる場所が子供には必要で、それには戸籍とか、全然関係なくて、養子縁組出来ない子供たちだってそれは同様なんです。

もちろん、縁があれば喜んで養子縁組しますけど。なんか、無理にっていうか、頑張って養子縁組しなくてもいいかなって(笑´∀`)

なので、赤ちゃん養子縁組の説明会には行ったけど、登録はきっとしないと思います。

赤ちゃん養子縁組の説明会を聞いて、なんかしっくりこなかったっていうのも正直あったり。あ、説明会の話を書いてなかったので、機会があれば書こうと思いますが、なんだろ、自分の子になるなら育てるっていうことにちょっと疑問がわいてきた今日この頃。

もちろん、自分も養子縁組を考えてたし、養子縁組する気もあるし、養子縁組される方を否定するつもりも全くないのですけど。

あくまで私はそう思う、だけです。

振り返ってみれば、けんちゃんがずっとほとんど笑わなかったのは、常に緊張してたからなんだよね、って思います。

交流中は、家に連れて帰ることはあまり出来ないので、

何故か夜になるといなくなっちゃうおばさん。

2、3日に一回くるけど、毎日は側にいてくれないおばさん。

謎のおばさんにどう心を開いていいか、わからなかったんだろうな。

ひどかった夜泣きも謎のギャン泣きも、だいぶ落ち着いてきました。

けんちゃんにとって我が家は、安心できる場所になれたのかな?

まだまだのような気もしますが、けんちゃんのワガママは喜ばしいことだ。と、自分を慰めつつ、頑張っていきたいと思います。

けんちゃんのこと その壱

今回は久しぶりに、里親のお話を。

現在我が家では、けんちゃん(仮)という2歳の男の子が家族の一員として一緒に暮らしています。

けんちゃんが1歳5ヶ月のとき、初めて施設で会いました。第一印象は、

『全然笑わないなぁ』

というものでした。そりゃ初対面でニコニコしてるほうがおかしいのかもしれないけど、けんちゃんの緊張フェイスは、交流を初めて三ヶ月たってもあまり変わりませんでした。

どのように里子ちゃんの委託を受けるかは、その時々の状況によるので、今回のように必ずしも交流期間があるわけではありません。

今まで我が家に来た子たちは、「昨日連絡が来て、今日来る」というパターンだったので、必要な物も心の準備も、全く出来ない状態でした。でも今思うと、それが逆に良かったのかなぁと。来てしまえばなんとかするしかないわけで(笑´∀`)

交流期間があると、その子のことを良く知る時間がある反面、不安も生まれてくるというか。

けんちゃんの『笑わない』が、私にはずっと引っかかっていて、うちに来て、楽しく過ごしてもらえるんだろうか?っていうことと、たまに火がついたように1時間近く原因不明の号泣(いや、わからないだけで原因はあるんでしょうが)をすることが引き取りまでずっと不安でした。

号泣はもうそれこそ、手がつけられないっていうか…抱っこもろくにさせてもらえないような、絵に書いたようなジタバタ号泣。鳴き声もすごい。

本当に相性が悪かったら、お互いのためにならないので、せっかくのお話だけどお断りしようか…と真剣に悩んだほどでした。

でも、よく考えてみたら、相性も何も、けんちゃんはただ一生懸命生きてるだけで、その精一杯を全力で受け止めてあげるのが私たちに出来ること。

私、自分でいうのもなんですが基本ネガティブなくせに、行動してみないと気が済まないタイプでして。

悩むより慣れろ。

って誰かが言ってた気がする。

ということで、我が家に来ることになったけんちゃんは、そんな不安もどこへやら、今では毎日ゲラゲラ笑ってます(笑´∀`)

でも、まぁそこは、2歳児なんで!

王様なんで!

山の天気のように機嫌はコロコロ変わり、ギャン泣きすると相変わらず手はつけられないですが、なんとかかんとかやっています。

もちろんイライラすることも、カッとなることもあります。

そんなとき、2歳児 ヒステリー とかで検索して、みんなそうよねーワカルワカルと自分をなぐさめてみたりもします(笑´∀`)

以前にセミナーで知り合った大先輩里親さんが、神のように穏やかで優しい方だったので、つい、「怒ったりすることありますか?」って聞いてみたことがあり。

神曰く、
「やっぱりイラっとすることはある。でも、そういう時にはまず、離れること」
だそうです。

カッとして怒ったり、手を上げたりする前に、すっと子供から離れると。

そうすれば大抵、気持ちも治るし、子供も冷静になると。

なるほどねぇー。でも、こんなことも言っていました。

「今は自分の子供も独り立ちして、仕事も嘱託で、余裕を持って子育てできるから。時間に余裕があると、心にゆとりができるから。自分の子供を育ててるときは、全然違ったよ」と。

なんか私の以前の上司もおんなじようなこと言ってたなぁって思い出しました。

「優しい奴は、余裕があるやつだ。精一杯仕事をやってて、自分に余裕がないから、頑張ってる奴が厳しいのは当然。」

いや、別に優しい人はヒマな人ってわけではないんですよ。要は、

人が優しくなれるかどうかは、その人の性格のみによるものではないってことで。家族構成だったり、環境だったり、収入だったり、仕事だったり、みんなそれぞれ違うわけで。当たり前ですけど。そんな中で優しさだって、それぞれ違っていいのでは、なんて思います。

長くなってきたので、続く…

着床前診断、経過

またまたまたまた久しぶりの更新になってしまいました。

ま、誰も見てないからいっかと思いつつ、意外とアクセスある日もあったりして。

皆さま着床前診断の情報を集めてらっしゃるんでしょうか。

里子のほうではない気がする(笑´∀`)

もはやただの私の健忘録と化してるブログではありますが、そもそもは同じような悩みを持つ方々に少しでも情報提供できればと思って始めたのでした。

初心忘るべからず。

そんなわけで重い腰を上げたり下ろしたり、久しぶりすぎて話題はいろいろあるんですけど、着床前診断の経過に少し進展がありましたので今日はその話を。

紆余曲折を経て(まだ曲あたりにいるけど…経てない…)着床前診断はようやく、産婦人科学科の認可が下り、選ばれしチームACBが
選抜オーデイションを受けてまいりました。

選ばれし8人のうち、選抜オーデイションに無事通過したのは2名。

結論から言うと、

正常卵が2つありましたっ!!!

ってこれだけ聞くと、25%もあるじゃん!って思われるかと思いますが、どっこいそうではないのですよ。

採卵回数…3回

採卵数…41個

うち胚盤胞になった数…14個

うち正常卵…2つ(いまのとこ)

いまのとこ、というのは胚盤胞になった14個のうち、オーデイションに参加した8個以外の6つは着床前診断に出していないからです。

先生曰く、胚盤胞の評価のうち、A.Bの評価がつくものの正常卵の確率は45%。Cが入ると27%ということで、評価の比較的良かった(とはいえBC評価のものも出しましたが)もの8個を選んで出しました。…なんでチームACBと名付けてみた(笑´∀`)

評価が低いからといって、正常卵じゃないと言い切ることはできないので、私としてはせっかく頑張って胚盤胞になってくれた子たちは全部出したかったのですが、

だってだって、高いんだもん着床前診断

私の病院は、一個6万円ほど検査料がかかります。これでも良心的?なほうかと思いますが、でも6万×6個=36万…に消費税なんで、そら主婦は電卓叩きますわなぁ。

でも、すっごい悩みました。選んで出して、選抜チームが全滅だったら、次に出すのは評価が低くく、確率も低い子たち。その子たちをまた数十万かけて検査に出す強いハートが私にあるかどうか…

ちなみに、着床前診断の費用は一個6万から、ではなくて、正確に言うと、

最初の何個かまでいくら、何個以降1個何万、なんです。病院によって違うかと思いますが、例えば3個まで25万、4個以降1個4万、みたいな。つまりこの場合、1個でも3個でも25万ということ。なんでかっていうと、試薬が高いので、少なかろうが多かろうがある程度の数集まるまでは検査には同じ費用がかかるんだとか…

なので平均すると一個6万強、ってことですが、出す個数によっては高くなる場合もあるってことですな。

で、普段使わない頭を使って電卓パチパチした結果、不育治療の助成金を使えば2回に分けて出しても一回に全部出すのと費用がそんなに変わらない、という結論に辿り着き、選抜の8個のみ、検査に出すことにしたわけです。

結果的に、その中に正常卵はあったので、よかったのですが、70%くらいはあきらめてたので、正直ホントに嬉しかったです。

この子たちが着床できるかできないかはわからないけど、こんな私でも正常卵があった!!ということがまず、嬉しかった。

あ、ちなみに、正常卵正常卵と言っていますが、ホントに100%正常かはわかりません。着床前診断は、あくまでも染色体に問題がありそうな番号の染色体の結果についてのみ教えてもらえるので(転座だとか、トリソミーだとか)性別とかは当然わかりませんし、全部の型が正常かどうか知ることはできません。

キリがないのでまとめてみますと。

卵子ちゃん41個中正常卵2つ。確率にして約5%(当社調べ)

そこでフト疑問が。

先生最初に、正常卵の確率は20%って言ってませんでした?10個中2個の確率だって…

そんな中5%ですよアナタ。

その疑問を先生にぶつけてみると、

「採卵からいけばもっと確率は下がるでしょうねー。」とのこと。

まぁでも、胚盤胞になる確率が50%くらいっていうし、正常卵の確率が20%とすると、1/2×1/5で1割くらいってことになるんですかね。正常卵の確率。

もちろん年齢によって違うので、あくまで40代の場合、ね。

そんなわけで今移植に向けて準備中なんですが、困ったことになかなか内膜が厚くならず、移植キャンセルが続いています。。。

まだまだ紆余曲折中。

そう言えば前に書いた里子ちゃん(けんちゃんと呼びます!)は無事我が家に来まして、もうすぐ2歳です。

ミニゴジラの話は、また次回にしたいと思います!

里子ちゃんとの交流

あら?

気づいたら、新年明けてもう1ヶ月が経つのですね。


すっかりうっかりしてました。(笑´∀`)

昨年は、一時委託の里子ちゃんを二人お預かりし、とにかく毎日が真剣勝負!の日々を過ごしていました。

ブログにも書かせていただいたたぁちゃんのあと、二週間ほど1歳3ヶ月のお子さんをお預かりしました。

どちらのお子さんにも言えることですが、命を預かるってこんなに大変なことなんだって毎日思ってました。かーなーり神経をすり減らし、白髪が増えたよーな
(笑´∀`)

正直、二人目の子がおうちに帰ったあとは、しばらく子育てはいいや!と思ったくらいでした。

世のお母様方、ほんっとに尊敬します…



そんなこんなで10月半ばくらいまではプチお母さんとして過ごし、やーたら時間のかかった着床前診断もようやく認可がおりました。

認可は降りたものの、まだまだ手放しには喜べず、これから診断用に卵の細胞を取り←これがちゃんと取れるかもまた難関だったり、更に検査結果を待ち、移植できるかどうか…ってところで、移植できたとて妊娠できるかは別問題で…ってもうほんっとに壁が多すぎて、正直飽きてきました。(笑´∀`)

今回ダメだったらもう不妊治療はお終いにしようって決めているんですけど、里子ちゃんとはいえ子育てをしていると、大変だけど本当に可愛くて、なんか血が繋がってる必要なんてないなぁって改めて思ってしまいます。

とはいえ、養子縁組里親の登録もしているし、昨年12月に【安心母と子の産婦人科連絡協議会】の説明会にもちゃっかり参加してきました。この会は新生児の養子縁組を斡旋(というと言葉が悪いですが)している病院が集まって作っている会ですが、この話もしていると長くなるのでまたの機会にしたいと思います。


今はまた、気持ちを新たに新しくお預かりする予定の里子ちゃんと交流をしています。

最近はなんだか、一つ一つの縁を大事にしていきたいなって思っています。縁があれば、もしかしたら自分の子供をもてるかもしれないけれど、そうでなくてもきっと、生きていればいろいろな縁がある。夫婦の縁もそうで、今のところ私にとっては最も大切な縁の一つです。

不妊治療で頭がいっぱいだったときは、妊娠できない焦りや将来への不安しかなかったですが、最近になって、少し冷静にいろいろ考えることができるようになってきたのかなって思います。

時間を見つけて、養子縁組のことや着床前診断のこと、里子ちゃんのこと、また書いていきますね。

とりあえずは近況まで。


たくさんの出会いがある一年になりますように!

たぁちゃんの本棚②

たぁちゃんは先日、お母さんのところへ無事帰りました。

結局2カ月近く我が家で暮らしたたぁちゃんは今日で一歳と9カ月。

最近、メキメキと言葉を覚え、大人の言うことを復唱しておしゃべりするようになったたぁちゃん。

めくるだけだった絵本を、一緒に声を出して読むようになったたぁちゃん。

怒られるとすぐ落ち込むけどすぐ立ち直るたぁちゃん。

お母さんと一緒に、幸せにスクスク育って欲しいです。私たちにはもう願うことしか出来ないので。

話は変わりますが、先日、階下の住人から苦情がありました。

子供の走り回る音がうるさい、迷惑だと。

確かに子供はしょっちゅう走り回っていましたが、正直、小さい子供の足音がそんなに響いているとはおもわず。

我が家はフローリングなので、余計響くのかもしれません。

次にくるかも知れない子供のためにも、防音対策をしなくっちゃなぁと思いました。

コルクマット&防音カーペット作戦を考えていて、少しずつ準備を進めていこうと思います。

でも言い方ってあるよね。頭ごなしに言うんじゃなくて、「うちも子供がいるのでわかるんだけれど、もう少し気をつけてもらえませんか?」とか、「小さいお子さんは仕方ないとは思うんですけど」とかさ、もう少しソフトに言えないものかね。言われた方もむっとするし、逆効果な気がします。

まぁ、そんな風にしか言えない人はそれだけで人生だいぶ損してると思うので、私は気をつけようっと。

たぁちゃんが来てくれたことで、子供がいないと絶対経験できなかったことや気づきがたくさんありました。

普段夫婦二人で気ままに生活していた私たちにとっては、窮屈に感じることもたくさんあったけれど、とても貴重な経験をさせてもらったと思います。



たぁちゃんありがとう!



幸せに、なるんだぞ!



GOGO!(たぁちゃんの口ぐせ)

たぁちゃんの本棚

不妊治療は一進一退です。


て、ゆーか、着床前診断の認可待ちのため認可が下りるまでなーんにもできません。

無駄かとは思いつつ、タイミングだけやってます。基礎体温は私の場合あてにならんので、卵胞チェックだけは病院に通ってお願いしています。

ぢみ。

で、久しぶりに里親の話。

うちは養子縁組里親にも登録しているため、なかなか長期での里親の話はきません。でも、長期でなくとも一時的に何らかの事情で保護が必要な子供たちのため、一時委託という制度があり、少しでも何かできればと思って緊急委託先として里親名簿に名前を載せています。

で、今我が家にはたぁちゃん(仮)という一歳8ヶ月になる子がいます。

我が家に来てからもうすぐ1カ月になるたぁちゃんは、一時委託にしては長いのかな?こんなものなのかな?数日単位でしか子供を預かったことがないので、私達夫婦にとっては初めて、「一緒に暮らしてる」って感じの子供です。

たぁちゃんはとっても明るくいい子で、お散歩や走るのが大好き。まぁ、自我もだんだん芽生えてくるお年頃なので、なかなか難しいところもありますが。

子供がいない私たちにとって、たぁちゃんと暮らし始めたころは、思ってもいないハプニング続出で正直一週間でも不安…という感じでしたが、なんだかんだで1カ月。子供の成長ってすごいですねぇ…

たぁちゃんは、絵本はまだ理解出来ないのかめくって満足(読んで欲しそうに持ってくる割に全く見てない←この年頃ってそんなもんなんでしょうか)なのですが、我が家にある絵本をただつんどくのもなんなんで、久しぶりに工作をしてみました。


牛乳パックと段ボールで作った、たぁちゃん専用本棚。

こうやって表紙が見えるように飾っておくと、自分で選んで絵本を持ってきたり、お片づけもできます。思いの外大活躍。


制作費200円なり。

たぁちゃんとはもうすぐお別れの予定ですが、なんかこの本棚を見るたびたぁちゃんのことを思い出しそうだなぁ…と今からしみじみしてしまいます。

残りどのくらいになるかわからないけれど、たぁちゃんと暮らせる1日を大切に、成長を見守っていきたいと思います。

着床前診断待ちな日々

久しく更新しておりませんでしたが、
一応、まだ治療頑張っております。

以前に書いた記事で、着床前診断に関わる部分は、いったん非公開にさせていただきました。

なぜかとゆーと、着床前診断って倫理的な部分で引っかかることがとても多く、デリケートな問題なので、よい結果が出るにせよ出ないにせよ、なんらかの結論が出てから、公開したほうがいいのかなぁと思ったので。

考え方も人それぞれだけれど、どうも着床前診断について誤解をされて反対とか賛成とか言ってる方の意見を見かけます。

産み分けだとか生命の選択だとかね。はっきり言って着床前診断はあくまで現段階では、ですけど、産み分けだとかするためのものではありませんし、できるものでもありません。だから、きちんと手続きを踏んだ上でやらなければ許可がおりないし、特定の条件の方しか本来は受けることができません。

なんで、きちんと実情を書いて行きたいんだけれども…いろいろ面倒で。なので、着床前診断について詳しく知りたい方もいらっしゃるかと思いますがしばらくお待ちください…

ここから読んだ方はなんのこっちゃかと思うかと思いますが、昨年の10月にそれまで通っていた不妊専門クリニックから、着床前診断をうけることができる病院に転院して、今はそちらに通っています。

里親もそうだけど、世の中に浸透してないことって、何もちゃんと理解してないのに文句ばっかりいう人とか、知らないがゆえの無礼っていっぱいありますよね。

知らないがゆえの無礼と言えば、先日、私の妹の子供が通う小学校で、生活科の授業で「親が妊娠したときのことや気持ち、産まれたときのことなどを子供にお手紙を書いて先生に渡し、それを先生から子供に渡す」というのがあったとのこと。

私はそれを聞いたとき、正直、まぁ普通のお母さんたちがそれを疑問に思わないのは仕方ない部分もあるとはいえ、学校がそういうことをすることに怒りを感じました。自分がどうやって生まれてきたかってことを知ることは大切なことでしょうが、それだけでよくない?いや、本当はそれすらも、養子や里子たちみたいに、「自分はお母さんのお腹から生まれていない」という自覚がある子供たちがどんな気持ちになるか、そんな手紙をかけと言われたその子たちの親が、どう思うのか、考えたことがあるんでしょうか。

いや、それ以前に、「すべての子供は今の母親が生んだ子である」という固定観念っていうか、それが当たり前すぎて、疑問すら抱かなかったんでしょうね。私はそのことが、何よりも怒りを感じます。それでも教育者なのかと。

実は、知らないがゆえの無礼が一番タチが悪いような気がします。悪意のある攻撃よりもね。

すいません、怒りすぎました(笑´∀`)

私でもそうなのだから、実際に、養子を迎えられた方とか、里親の方とか、障害を持つご家族がいらっしゃる方とか、社会的に少数派な方たちの日々の生活のことを思うと本当に心が痛みます。

でも少しずつでも、本当に理解しようとしてくれる方が増えるとよいですよね。私も片足突っ込んだばかりですけど、自分にできることはできる範囲で、(範囲って超限られちゃうんですけど)やっていきたいし、勉強していこうと思っています。

もちろん、不妊に悩む人たちの気持ちも、普通よりは、理解できると思います。だから、また、許されそうな範囲で、ちょこちょこ情報公開して行きたいと思っていますので、気長にたまぁに、のぞいてみてくださいませ☆