読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

ボランティア記録②

相変わらず、ぼちぼちかよっておりますボランティア。

こどもたちは一週間会わないだけで、むくむくと成長しています。こどもの成長ってほんとすごい。

今日は、実親さんが来てたり、私たちがボランティアで入っていたりで割と人は足りていたので、気になっていたことを聞くチャーンス!!

と、常々気になっていたことを聞いてみました。

それは、

なんでミルク作るのそんなにはやいのっ?

ということ。しょうもないことかもしれないんですけど、乳児のお部屋は定員が10名。その10名の子たちがいっせいに

おなかすいたよー!って泣きだすことだってあるわけです。まぁ、実際には10人いっぺんに泣いたことはまだないけど。

でも、五人くらいはしょっちゅうで、そういうときに保育士さんたちが

ちょっと待っててねー。

と言って調乳室に入っていって、ものの1分もしないうちに何個もミルクを持ってくるわけです。

なんで?

私のわずかな知識の中では、赤ちゃんの粉ミルクって、70度くらいのお湯でとかして、そんで、人肌まで冷ましてからあげるという過程があるはずで、まぁ70度でお湯を保温することは可能として、なんでそんなに早く冷めるのっ?しかも一人で何本も、そんなに早く作れるのっ?

と、マイ乳が当然出ない私としては、哺乳瓶&粉ミルクは必須事項のため、たいそう気になってはいたのですが、先生方いつも忙しそうで、なかなか

調乳室みせて?

って言えなかったので、今日のチャンスにお願いして、入らせてもらいました。

結果。

なんのことはない、でっかい保温器があったとさ。

そりゃそうか。調乳室では、温度調節のできるおっきいポットで70度でお湯を保温しておき、それで粉ミルクを溶かして適温まで冷ましておき、すぐ飲める状態で保温器で保温してあるのでした。なるほどね。

でも、こんなことでも、粉ミルク用の保温ポット買わないとだめかしら?と真剣に悩んでいた私にとっては、とても参考になりました。

緊急用には、湯冷ましを哺乳瓶に作っておいて、それにお湯を入れて調整すればいいとのこと。

なるほどね。しかし、哺乳瓶は二本いるってことだな。

まぁ、おっぱいも二つだし、そりゃそうなのか。よくわからない納得のしかた。

今日は、8ヶ月くらいの赤ちゃんの離乳食もご馳走になりました。メニューは、5倍粥、ブロッコリー、お豆腐とにんじんのあんかけ、スープ。

全て無味。

味のついてないものって、素材の味がよくわかるんですよね。赤ちゃんの味覚がするどいのは、だからなのか。いや、逆か。味覚がするどいから、薄味なんですね。

大人の舌って、バカなんだなー。多分。

乳児院には、ミルクのこともそうですが、おもちゃも手作りのものが多かったり、見回すとヒントになることがいろいろ。先生たちのヒマを見つけて、気になったことをいろいろ聞いてみようと思った一日でした。

話題のブログ

最近話題のブログについて、ちょっと思ったこと。

保育園に入れず、仕事に復帰できないと。

かたや、子供が授からず、不妊治療に何百万と使い、お金がかかるので仕事をやめることもできない人もおるのです。

どちらが幸せなのかわかりませんが、後者の立場としては、子供手当ももらえず、夫婦共働きなので扶養控除は受けられず、治療費は保険がきかない為全額実費だわ助成金は40過ぎの不妊治療に期待できませんとばかりに年々削られる一方だし、そもそも助成と言えないほどの金額。

それでも子供できるなら報われますが不妊治療は先が見えない不安なもの。

少子化対策というなら不妊治療費をせめて保険適応にしてくれという声も、不妊治療をしている人たちの中から多く聞かれます。

まぁ、正直、何歳になっても不妊治療費は保険適応っていうのは無理があると思います。女性が妊娠できる期間とか、妊娠の可能性が高い年齢というのは限られているもの。でも、若くても、様々な要因で妊娠しにくい人っているんですよね。せめて、年齢を区切ってでも、保険適応にしてほしいというのは正直なところ。だって、それって病気でしょう?

思うのは自由です。不満をいうのも。けど、私からみたら幸せな怒りなんですよね。いや、他の多くの不妊に苦しんでいる人は思っていると思います。

なんと、幸せな怒りなのだろう。と。

実際、子供がいれば、お金がかかるし、不妊治療をしている多くの人は、妊娠が決してゴールではないことを知っていると思います。生まれてくるかこないかわからない子供のために、治療でお金を使い、生まれてきたときのために少しでもお金を貯めておきたい。そう思って、仕事を続けることがストレスだとわかっているけど、やめられないでいる。そんな私から見ると、保育園に入れなくてもいいじゃない!子供が授かったんだから!って思っちゃうんですけど…そもそも子供にお金がかかるのは、最初からわかっていることなはずなんですけど…

すいません。ほぼ、グチです。けど、私たちが住んでいるのは日本で、日本に死んでもらっちゃ困ります。死なないようにするのは政治家だけの仕事ですか?先日のブログでも触れましたが、声をあげ続けること、自分にできること、何かあるんじゃないでしょうか。

まぁ、結果的に、今回のブログは大きな話題になり国会にまで持ち込まれた
のでオーライと言えましょう。

【死ぬ気で戦え】
この言葉、けっこう好きです。後ろ向きなようで、前向き。前向きなようで実は後ろ向き?
(笑´∀`)

立場によって、感じ方ってそれぞれだと思いますが、それぞれがそれぞれの立場で、感じたこと、それはどれもウソじゃないですよね。ということで、私の立場から、感じたことをお話させていただきました。何がダメ、ってことではないです。

子供に全く興味ない人からしたら、せっかく納めた血税を不妊治療とか保育園とか子供にばっかり使ってくれるなってなるんでしょうしね…

独り言。

広告を非表示にする

結婚記念日と認定式★②もはや私見(笑´∀`)

続きです。

里親会の中で、多分里親をやっていく上でとても重要、というか必要な要素の一つとして、【里親賠償責任保険】に加入できるということがあります。

里親賠償責任保険とは、里親や里子が日常生活でおこした事故に対して、保障が受けられるというもの。小さいものでは、里子が他人の家のものを壊してしまったとか、大きな事故になると、痛々しいことですが、食べ物を喉に詰まらせてしまったことが原因で後遺症が残ってしまったなど。

故意ではなくて、こういう事故がおこることは、残念ながら有り得ます。普通に子育てをしていても、十分ありえること。通常は、個人賠償責任保険に加入するケースで、我が家でも火災保険に特約としてつけていますが、通常の個人賠償責任保険は、夫婦か実の子供しか対象になりません。

最近、認知症の方が徘徊してJRに轢かれて亡くなり、遺族が損害賠償を請求された事件の最高裁判決が話題になっていましたよね。別居の息子も介護責任を問われましたが、こういうケースは別居の親、なので個人賠償責任の保障の対象外、ということになります。

この事故を受けて、認知症の家族がいる方が入れる保険を作ろうとか、大手の生命保険会社が保障範囲を広げたりだとかという動きがありましたが、親族でない里子のような場合でも、同居であれば保障される、というように変わっていけばいいのにな、と思います。

保険もそうですが、世の中の多くのことが、最大公約数向けに出来ているので、少数派は何かと理解を得られなくて苦労することが多いと思います。

最近は少しずつ、少数派に対して理解が深まってきているというか、多様化に対応してきているのかなという気はしています。だけど、まだまだこれからかな。

余談ですが、女性の同性愛カップルが、パートナーシップ条例(東京都渋谷区)を利用してパートナーシップ登録をし、その上で里親になれないか東京都に確認したところ、断られたというニュースを最近新聞で読みました。里親は一人でも安定的な収入があればなれるので、夫婦である必要はないはずです。なのに、同性愛カップルとなると、「通常の家庭養育とはいえない」という理由で、断られてしまう。

通常、とは何ですか?両親が男女でなければ異常ですか?その子は普通の生活を、送ることはできませんか?そもそも、普通って何ですか?

認知症も幼児虐待も増加の一途を辿り、大きな社会問題になっていることは、悲しいことだけれど、どういう風に変わっていかなければならないのか、真剣に取り組むチャンスでもあるのだと思います。児童福祉法も改定すればいいのに。親権が全ての日本の憲法は、子供達が生きるために自由に選択できる権利を奪っています。

少数派にできることは、声をあげ続けることです。問題提起をし続けることです。困ってるんだから、わかってよって。

なんだか、まだまだ勉強しなければならないことがいっぱいあるんだなぁ…としみじみ思います。制度のことも、子供達のことも。
里親登録できたことは、まだまだ、【できたにすぎない】ですね。これからです!!

結婚記念日と認定式★①

3月3日は、お雛祭りで、私たちの結婚記念日で、里親の認定式でした。

なんと、お祝いごとが3つも笑

里親の認定式は、午前中だけで、特に絶対参加というわけではなかったので、主人は仕事なので出なくていいよと言っていたのですが、めでたい日ということもあり、お休みを取ってくれたので、二人で参加してきました。

認定式自体は、認定証の授与と、児童相談所長さんからのお話で、30分くらいだったのですが、その後オリエンテーションと里親会の説明会があったので、正味二時間ほどでした。

私たちは、夫婦それぞれ養育里親の認定証と、養子縁組里親の認定証をいただきました。大学の卒業式以来の表彰状笑
これで、里親登録できたんだなぁという実感がようやく湧いてきました。

今回の登録数は20名ほどで、うち認定式の参加者は10名ほど。まぁ、平日なので仕方ないですね。

ちらほら、他の里親さんにもう委託の話をさせていただいている…という話も聞こえてきて、もちろん私たちのところにはまだなーんの話も来ていないので、ちょっと凹んだ気分になったりもしたのですが、そこはマッチングやタイミングの問題もあるので、あまり気にしないことにしました。

オリエンテーションは、養育里親と養子縁組里親のレジュメ、養育指針をいただき、ざっと説明を受けました。まだじっくり目を通していないので、レジュメや養育指針については熟読してから、ご紹介できればと思います。

その後、里親会の説明が一時間ほど。

私たちの地区の里親会は、割と活動が活発みたいで、月に3回、サロンと呼んでいる里親交流の会が開催されていて、そこを情報交換や悩み相談の場にしているとのことでした。里親が育児で悩んだり、困ったことがあれば一人で抱え込まないでください、と里親会の方も児童相談所の方も共通して強調されていたので、そういう場所があることはとてもありがたいことだな、と思いました。

優等生であろうとしないことというのは、簡単なようで結構難しいことだと思います。実際に優等生かそうじゃないか、ということじゃなくて、【ダメだとか、できないと思われたくない】って気持ちって、多かれ少なかれ誰もが持ってるんじゃないでしょうか。(逆に全くそういう気持ちがないのもどうかと思いますが)

だから、そういう気持ちになることはダメなことではないというか、今までの人生頑張ってきた、当然の結果というかプライドだと思うんです。私ももちろん、そういう気持ちがあります。大事なのは、そういう気持ちにならないことではなくて、【みんな、優等生でありたいけど、みんな、助けてほしい気持ちをどこかに持っている】と考えることなのかなって。絶対自分だけじゃないから、困ったときは助けてもらおうとか、悩みがあったら聞いてもらおうって素直に思うことなんじゃないでしょうか。逆に、自分が何か助けになれることであれば、力になってあげればいいのです。

多分、里親会に参加されている方は少々鬱陶しいくらいに、助言をしてくれるんだろうな、と思います。実際いないからわからないのですが、子育てにうるさく口を出してくる姑みたいな?(笑´∀`)

なので、サロン、ちょっと参加してみようかしらと思っています。まだ委託受けていない人でも、参加できるみたいなので…

意外と長くなってしまったので、続きはまたにします。

久しぶりの通院

たまに不妊治療のお話。

今日は、朝から大雪の中、久しぶりの通院でした。

一月の下旬に採卵し、ショート法だったためOHSS予防のため、全胚凍結。一周期はピルを飲んでお休みしていました。

今回は、次回の移植の相談に来たのですが、午前中に予約したらいつもの担当のM先生がいなくてちょっとがっかり。ほわんとしていて、いつも優しいので大好きな先生なのですが…お休みをチェックして予約を入れるんだった。と後悔。

でも、今日お話してくれた先生はまさかの二度目のK院長先生。ゴットと呼ばれる不妊界のカリスマ(やや言い過ぎ笑)で、あまりお目にかかることはなく、私も3年以上同じ病院に通院していますが
診察していただくのは二度目。

前回はガチガチに緊張して、ただ言われるがままにウンウン頷いていたのですが、今日はご機嫌がよかったのかちょっと話すチャンスがあって、「なんでこんなに戻してるのに着床すらしないんだろうねー」と言われたので、ロバートソン転座があるという話をしてみたところ、「だったら、3個移植してもいいんじゃない?」とのこと。まさかの3個!!
私、来るとこまで来ました(笑´∀`)

次生理きたら、ホルモン充填周期に入るので、次受診するときM先生に相談してみます、と答えて、内膜を作るお薬を処方してもらって、今日は終了しました。

3個かぁ…
金銭的にも年齢的にも精神的にも、もうそろそろ体外も限界かなぁと思っています。あきらめずに続ければ、もしかしてということもあるかもしれませんが、わずかの確率のために、移植のたびに、何十万ものお金がかかり、ダメだったことに落ち込み、お金をかければかけるほど、引き際が分からなくなってしまう気がしています。

ま、もうかけるお金もあんまりないんだけど。

でも、里親登録できて、精神的には少し楽になったような気がしています。コウノトリさんは、我が子を運んできてはくれないかもしれないけど、私たちを必要としている子を運んできてくれるかもしれません。楽しみが増えた、というか、悩んで悶々としているよりは、いいのかなと思ったり。

まずは今できることにベストを尽くす
!雪が溶けたら、ウォーキング再開しますぞ!
広告を非表示にする

ボランティア記録①

記録というほど大したものでもないのですが、今日は週に一度のボランティアの日でした。

乳児院は、今お腹の風邪が流行っているよう。体調大丈夫ですか?と確認されました。

やっぱり、集団生活の場所だし、赤ちゃんはなんでも口にくわえたり舐めたりしてしまうので、乳児院での風邪の万延は日常茶飯事。一人ひくと全員引いてしまい、子供の風邪はやたら強力なので大人にもうつるという、繰り返し。

私たち夫婦も、体力には自信があるほうですが、私、旦那の順で風邪を引いてしまいました。風邪を引いてしまうと、それをまた子供にうつしてはいけないので、ボランティアはお休みしなくてはなりません。マスクをしても、大抵赤ちゃんに剥ぎ取られてしまうので、意味なし(笑´∀`)

保育士さんは本当に体力勝負だし、体が丈夫じゃないとダメですね。

今日は、始めましての赤ちゃんがいました★私たちがかよっている乳児院は、生後一週間くらいの本当の新生児からいますが、新生児は特別なお部屋(他の子供たちよりも入室できる人が限られているお部屋で、担当の保育士さんしか入れないもよう)で100日くらいまで過ごし、そこから、乳児のお部屋へ移動してきます。なので、私たちが触れることができる赤ちゃんは、生後3ヶ月から4ヶ月以降の赤ちゃん。

乳児院では、ちゃんと100日のお祝いもしてくれます。御膳と、ドレスか袴を着て、記念写真を撮ります。院内には、お雛祭りが近いので、立派な七段飾りが。きっと、寄付してくださる方がいるのでしょう。

始めましての赤ちゃんは、お部屋の移動をしてきたばかりの子でした。このくらいの子は、ミルク飲んで寝、また起きて泣いてミルク飲んで寝、なので比較的あやすのは楽です。まだ軽いし。それでも、一時間近く抱っこしていると、腕が筋肉痛になります。

私たちは先週は風邪を引いてお休みしてしまい、二週間ぶりになってしまったから忘れられちゃったかな?と思っていましたが、保育士さんが(子供たちの)この顔は覚えている顔ですよ!と言ってくださったのが、すごく嬉しかったです。子供たちにとっては、たまにくるおじさんとおばさん、にすぎないのでしょうが、おじさんとおばさんは君たちの成長を密かに見守っているんだよ!

この子たちの将来が少しでも、明るいものであってほしい。無邪気な笑顔を見ていると、そう願ってやみません。






認定されました★

昨年の8月に児童相談所に行ったところから始まった、里親登録への道。
昨日、児童相談所からお電話があり、無事夫婦ともども、里親登録していただくことができました。
まぁ、滅多に断わられることはないのだろうと思いつつも、ちょっと心配ではあったので、ほっとしました。
まだ、登録されただけに過ぎないので、これからどうなっていくのか、心配とドキドキが半々。いいご縁があるといいな、と思います。子供たちもそうだけれど、他の里親さんや、実親さんや、相談員さんや、いろいろな方との繋がりは、ご縁ですので。
今までとはちょっと違った交友関係が広がれば、今まで触れ合うことのなかった方たちとの新しい出会いもあるかも。
とりあえずは、今後、里親の認定式があるので、まずはそこに参加して来たいと思います!
広告を非表示にする