つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

不妊治療にかかる時間のこと…人工受精

ブログをおさぼりしている間に、休憩周期が終わり、今また移植周期に入っています。

人それぞれと思いますが、私の担当の先生はぶっ続けで移植するのをあんまりよしとしない方針で、移植周期→おやすみ周期→移植周期を繰り返しています。

おやすみ周期はピルを飲んで、子宮をおやすみさせるか、人工受精かタイミングで薬を使わないかどちらかで、少しの時間も惜しい私はだいたい人工受精をしています。

結果撃沈続きだけどね…

今回も、ひっちょり人工受精してたんですけど、

見事撃沈。

まぁ、そんなもんだろう。今日は移植前の内膜の厚さと、血液のホルモンチェックをしに病院へ。

いまいち、内膜が育っていなくて、もう少し様子をみることに。運動不足かしらー。早速、歩いて病院から帰ってきました。

治療のステップアップする前に、特にお仕事をされている人は、仕事と治療、両立できるんだろうか?ってまずそこが疑問に思いますよね。私もそうでした。不妊治療はお金がかかるので、仕事はやめたくない。でも、両立できるんだろうか?

なんで、今日はそこのところを書いてみようかと思いました。

もちろん、病院によってとか、採卵の方法によって、体調(卵子の成長具合とかね)によって、必要な通院日数はかなり異なってきますし、自宅と病院の距離というか、通院にかかる時間によっても大きく違ってくると思いますので、あくまでも私の場合は、ですが。

まず、治療のステップが人工受精だったときには、

①生理後、12〜14日に卵胞チェックのため受診

②その時の卵胞の大きさによって、hcgの投与などがあり、2〜3日後に再度受診。(私は卵胞が育つのが遅く、D14で10〜12ミリ程度だったので、この二度目の卵胞チェックはほぼ毎回。あまりに育たないときは卵胞チェックだけで3回通うこともありました)

③卵胞が20ミリ程度まで育ったら、人工受精の日を決定。人工受精のために、主人と来院(主人が来れないときはおたまちゃんを持参)
この人工受精の日はだいたい急です。明日来てとかあさって、と行った具合。

こんな流れで、通院日数は少ないときで三回。卵胞の育ちの良い方であれば、②は不要な通院なので、二回で済むかもしれません。

受診は、だいたい、一週間の間に集中します。その後、生理がくるか、市販の検査薬で陽性反応があれば再度受診。

生理周期を約4週間とすると、通院日数4日のうち、D14〜D20くらいの一週間にかけて三回、それ以外の三週間で一回なので、一週間に三回のときは正直キツイですが、それ以外は結構マッタリ。

私の通う病院は不妊治療専門なので、午後6時まで受付してくれて、職場から病院までは徒歩10分の近さ。この近さに助けられ、5時まで仕事をしてから受診ということが可能だったため、仕事と治療の両立は十分可能でした。

ただ、人工受精当日だけは、主人の都合もあるため午前中しか通院できなかったので、急に明日遅刻します!なんてことが治療ごとに発生したため、治療については職場に話をしておきました。

もともと、私の職場は残業が多く、休みが少なく、時間の融通が効かない職場だったため、結婚を機に社員からパートへ身分変更をしてもらっていました。正社員のままだったら、週に三回も6時までに病院に行くことすら無理だったと思います。

可能とはいえ、正直、5時まで仕事をして6時に病院へ行き、3時間くらい待って(地元では人気の病院のため、待ち時間が異様に長い)10時くらいに帰宅が週3回って堪えます…

そんな治療を五回繰り返し、人工受精五回目で妊娠したものの、流産となってしまいました。まぁ、仕事のせいではないんだけど。この時、38歳目前で、時間がもったいないので、次からの治療は体外受精にステップアップしよう!と決めたのでした。

体外受精受精の巻に続く。

マイカー用おざぶ

作ってしまいました、

ハンドメイドカテゴリー

だってだって、


ネタがないんだいっ。

前々から気になっていた、可愛いマイカー、レガピィちゃんの、シートのよごれ。

これ以上よごれないように、おざぶを作ってあげることにしました。

車用の座布団、っていうか、車グッズって何故か、

なんでなんで、こうなるの?

っていうくらい可愛いものがない。可愛い路線だと、キティちゃんとか、ミッキーとか、キャラクターグッズになってしまって、あまりに気にくわないので自分で作ることに。

けど、布地を買おうにも、なかなかこれ!っていうのがないんですよねー。

そんなこんなで迷いに迷った挙句、選んだのが


鹿。


いや、鹿が大好きなんだいっ、て訳でもないんですけど…色とか、柄のバランスとかがね。好みだったわけなのです。

で、ミシンがたがた、


できました。



鹿ざぶ。



一応、車用なんで、シートからズレないようにシートに差し込み部分をつけたのがポイントかなぁ。


さっそくレガピィちゃんに装着してみました。

どう?ワタシ可愛くなったぁ?

と、言っているような気がする。

間違いなく、気のせい。

一応ブランド布なので、布代節約のため裏は家にあったキルティング素材の布で。中のクッション材も入れたら、原価は一枚1200円くらいかなぁ…


結構かかったなぁ…


なんで少しでも元を取るため、余り布もフル活用。


ワタシ、リュックも背負っちゃいましたっ。

リュックみたいなこいつは、シートに掛けて使う小物入れ。旦那のメガネケースとか、こまごました車に積んでるアイテムをスッキリさせたくて。

しかしこいつ、あまりに根性がないっ。

布地のみで作っているからか、ハリが足りなくて、中にものを入れるとびろーんっとなっちゃうんです。

こいつは、改良が必要である。

ベースとなる部分に、アクリル板とか、下敷とか入れてみたらどーだろうか。100均で仕入れてくるか。

最近、デコパージュにも興味シンシン。気に入った柄の布がなかなかないので、自分で作ったらどうなんだろうなーって。ついでに100均で、練習用の液仕入れてこようかしらね。

広告を非表示にする

乳がん検診

すいません、サボッてました笑

まぁ、誰も期待してないと思うけど。

というより、特に日常に変更なく、よってネタもなく、日々淡々と過ぎております。最近、ハンドメイドにチャレンジ中。


処女作のバックです。
子供のために、いろいろ作ってあげたいなぁと思って、とりあえず子供はいないので、普段も使えるマザーズバック風でかバック。

これから、余った生地とか利用してスタイとか作ってみようかなと、とりあえずミシン練習中。

ハンドメイドカテゴリー追加しようかしら。

スタイ作ったら乳児院に寄付したいなぁ。

相変わらず、児童相談所からの連絡はなく、ボランティアには通い続けています。

最近、卒園とかお部屋の移動(大きくなったので)でせっかく慣れてきた子たちがいなくなってしまい、さみしいです…けど、そんな暇もなく新しい子たちもやってくる。今はまた名前を覚えるのに必死です。

卒園はお母さんやお父さんのところに帰れたり、里親さんのところに行ったり、子供たちにとっては今より絶対喜ばしいことです。だから、さみしいって言っちゃいけないんだよね。

さて、乳がん検診。
不妊治療をしていると、ホルモン剤を大量に摂取するので、乳がんとか子宮がんは気になります。

もともと、持病なのか、乳腺というか、胸に日常的に痛みがあり、特に移植周期など女性ホルモン剤を大量に服用すると胸が張って余計に痛みがでる…の繰り返しなので乳がんにはかなり敏感。生理が終わるごとに触診はするようにしているんですが、特にしこりが触れなくても痛みがあったり…

なので、乳がん検診は1年に一回は行きたい!…ところなんですが、マンモグラフィー放射線なので、妊娠の可能性があるときには行けずいや、結果的に妊娠してないんだけどさ、かつ生理前とか胸が張ってる時には痛くていけず何故なら相当強く乳を挟まれるから、なかなかタイミングがつかめず、今回二年近くぶりになってしまいました。

私の行きつけの病院は、マンモグラフィー、エコー、触診とフルセットで8000円ほど。ただ、乳がん検診は症状がなければ健康診断と一緒で保険が効きませんが、保険診療だと三割負担。なので、高い!と思われる方はウソでもいいので、なんか乳腺が痛い気が、とかしこりがあるような?とか理由をつけて受診するとよいかと。

乳がんは痛みなどの症状がでることが少ないので、まずは触診が一番手っ取り早いでしょうが、しこりがないケースもあるみたいだし、心配なら絶対検診をうけることをお勧めします。

二年ぶりだし、例のごとく痛みがあったので、ドキドキしながら受診しましたが結果は異常なし。けど、こんなにハラハラするくらいなら、1年に一回必ず受診しよう…と心に決めたのでした。

乳腺の痛みについては、先生は毎回、痛みが出やすい場所だから心配ないですよ、というのですが、私が相当しつこかったのか、(しぶしぶ)じゃあ漢方出しときますねーって葛根湯を処方されました。

葛根湯。

風邪薬のイメージがありますが、炎症を抑える効果があるらしく、肩こりなんかにも効きそう。効くといいなぁ…。とりあえず、処方された分は飲んで様子を見たいと思います。

広告を非表示にする

ボランティア保険に加入してきました

今日から四月!新年度ですね。

児童相談所からの連絡はさっぱりありませんが、今日は新年度らしい晴天。新しいスタートにふさわしい日です。

さて、ボランティア保険

ボランティア保険はその名のとおり、ボランティア活動に伴うケガ等本人の保障と、他人への損害賠償保障が主な内容です。

ボランティアの内容によっては、ほとんど必要ない保険のような気がしますが、私たちは乳児院でボランティアをしているので、細心の注意を払ってはいますが万が一のことがあったら大変。

乳児院でも、ボランティアの登録をするにはボランティア保険の加入を前提にしているので、今までも加入していたのですが、年度がわりで保険が切れてしまうので、再度加入してきました。

保険料は、一番安いもので

一年300円。

お、お安い。

損害賠償金額はどのランクでも金額は変わりません。変わるのは自分への保障内容だけなので、300円の保険で十分かと思います。

参考までに、保障内容と保険料はこんな感じ。

自分のためだったら、いらないかなと思いますが、ボランティア活動全般に適用されるので、いろいろなボランティア活動をされる方とか、介護系のボランティアの方なんか加入しておくといいかもしれないですね。

保険といえば、不妊治療保険、解禁へ

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6195659

私みたいに高齢で、すでに不妊治療を開始している人はもちろん、対象外なんだろうけども、この保険って、加入できるリミットの年齢とか、保険対象になる治療は何歳までなのか、旦那が原因の場合は対象になるのか?ってこととか、結構難しいんじゃないかと思います。

そもそも若い人が自分が不妊かもとか、思わないだろ。アラサーくらいになって、未婚とかで、初めて不安になりはじめるってところなんじゃないかと思います。それに、今未婚で、若いうちに採卵だけして卵子を凍結保存しておいて、将来晩婚だったときのために備えておくっていう方もいらっしゃるけど、そういうのも不妊治療と呼べるのか。費用は体外受精なみにかかるけど。せっかく保険に加入していても、高齢という理由で保障を打ち切られたりしないのか。実際、何歳までも保障しますよ、ってわけには保険会社もいかないでしょう。

なんか、

なんでそーなるのっ(欽ちゃん風)

って感じ。そんな保険認めるなら、なんで条件つきでも不妊治療を健康保険適用にしないわけ?結局、不妊の責任は自分で取れってか?国の財政を使うわけにはいかないから自分で準備しといてねって?それが少子化対策って言えるのか?

あー、なんか腹が立ってきた笑

個人的には、商品としてのこういう保険はもちろんあっていいと思うんですよ。けど、あり方としては、通常の医療保険みたいに、

健康保険があった上での、保障の上乗せ

っていうスタンスであってほしいかなと。何度も言いますが、不妊は病気なんだから!

あぁ、年度始めから怒ってしまった…

気を取り直して、ボランティア保険も更新したことだし、新しい年度も頑張るぞっ!

二段階移植2日目とその後

二段階移植一日目からしばらーく、時間が空いてしまいました。

二段階移植2日目は、1日目から3日後で、5日目胚盤胞を二つ移植して来ました。

移植はしたものの、いつものネガティヴスパイラルに落ち入り、なんとなくブログを更新する気にもなれず、しばらく放置してしまいました。

けど、そもそも、自分の不妊治療の記録を兼ねたブログなので、記録しないと意味がないっ!と思い、ようやく書きはじめた次第でございます…

結果から言うと、6回目の今回もまた、ダメでした。

もう、ここまでダメだと、自覚というか…生理前みたいな腹痛とか、内膜が剥がれて来てる感じ?の生理前のシクシク感とかで、BT6日目あたりから今回もダメかなぁ…という予感はあったのですが。

よく、いろんなブログで妊娠超初期症状って書いているのを見かけて、自分もそうなのかも!って不妊治療をはじめたころはドキドキしたり期待したりしてたのですが、最近思うのは、

妊娠してようがしてまいが症状は大差なし。

実際に妊娠したときも、5週を超えるあたりまでは、生理が来る前と全く症状は変わりなし。もちろん、その時々で微妙に症状は違うわけですが、その症状の変化に一喜一憂していると、毎回が想像妊娠。人間の想像力、恐るべし。

なので、最近は私は妊娠超初期症状なるものや着床痛は全くあてにしていません。笑
よくある移植後何日目、という症状の記録は想像妊娠の要素が大きくて、あまり意味がないと思っているので、私の場合は記録しません。基礎体温も意味がないし。

まぁそんなわけで、下腹部がシクシクしはじめたBT6ごろからフライングしちゃおうかなーと迷いはじめ、けど根っからの貧乏症なため、まだまだ検査薬の反応が確実に出る時期までは、と堪えて、BT8にフライング。

結果は、驚きの白さ

過去5回のフライング結果により、ET11、あるいはBT8にフライングしてうっすらでも陽性が出なければ、妊娠はしていない。

その確率100パーセント。

まぁ、hcgの伸びは卵子ちゃんによってすごく遅めだったりする場合もあるので、100%、とは言い切れませんが、早期妊娠検査薬を使わずとも、通常の妊娠検査薬はhcg50には反応するので、この時期で無反応はほぼ陰性は確実。

そんなわけで、BT8のフライング以降は、すっかりやる気をなくし笑、それ以降フライングは一切せず、迎えた今日、BT11、妊娠判定の日。

結果はやはりの陰性でしたが、今まで、一回もかすりもせず、血中hcgは毎回

hcg<0.5

という結果だったのですが、今回はなんとなんと、

hcg=11.9

血中hcgでこれならそら妊娠検査薬には反応しないわな。

BT11でこの数値は非常に低く、先生いわく、着床はしたけどこの数値では妊娠の継続はしないでしょう、とのこと。ホルモン剤の投与も中止されてしまいました。このまま、生理を待つ感じです。一応、一週間後に再度hcg値を確認しにいきます。

残念そうに結果を伝えた先生でしたが、
「えっ!hcg11!今までかすりもしなかったんです!かすったってことですね!」と喜ぶ私に苦笑。
「着床はできたね。そんなに喜ばれるとは」って感じでした。

もちろん、妊娠の継続ができないことはとても残念なことです。でも、今まで着床すらできなく、やっぱり筋腫が良くないのかしらとか内膜が薄いのかしらとか、そもそも着床まで卵子ちゃんが育たないのではないか?といろいろ悩んできたのですが、もしかしたら、着床できることもあるのかも。という希望が生まれたことが、私には大きな進歩だったのです。

諒ちゃんよく頑張ったね。ママはもう少しだけ、頑張ってみるよ!

まだ、凍結卵子ちゃんがあるので、あるだけ全部移植はしたいと思っています。良い結果が出ても出なくても、諒ちゃんが頑張ってくれた分、ママも頑張らないとね!勇気をくれてありがとう。

記録用に、今回の5日目の諒ちゃんの写真です↓

さて、明日からまた、体作り頑張らないと。

二段階移植一日目

今日はいいお天気です!
北国にも、ようやく春の足音が。

まぁ、ゴールデンウイークくらいまでは近づいたり遠のいたりするのが北国の春

お散歩で通った建物。レトロ感がけっこう好きです。

週末はまた、雪のようですが…

天気がいいので、運動がてら、いつもいっている神社までお参りにいってきました。うちからは徒歩で45分くらいかかるので、片道くらいなら良かったんですが、行って帰ってきたらけっこう疲れてしまいました。途中お腹が痛くなってきたので、まずいかなと思いトロトロ帰ってきたせいで、往復三時間近くかかったのですが、

帰ってきても、まだ清原さんは出てきていなかった…まぁ、それはさておき。

昨日、二段階移植の一回目、2日目の初期胚を移植してきました。

さすがに移植当日は、おとなしく帰ってきて横になっていたのですが、2日目にしてもはや飽きた笑

昔は、移植後は姫生活とか言っていたみたいですが、今はなるべく、普通の生活をしてくださいと言われます。寝てばかりだと、確かに血流が悪くなり、かえってよくなさそう。それにしても、ちょっと歩きすぎたかしら。

諒ちゃん(一番最初に、お星様になってしまった赤ちゃんに命名しました。それ以来、我が家では卵ちゃんのことを諒ちゃんと呼んでいます)がお腹の中にいる時間は、短いかもしれないので、移植の都度、出来るだけ美味しいもの食べたり、いろんなところに行ったりしてます。まぁ、無理しない程度にですけども。

今回の諒ちゃんは、2日目の割に分割が早く、すでに7分割。通常は4分割くらいです。分割速度は、早すぎても良くないので、ちょっと早いなぁと思っていたのですが、昨日移植しに病院に行ったところ衝撃の出来事が。

毎回、移植のたびに培養士さんから移植する胚の説明を受けるのですが、今回は、「受精卵の評価が変わっています。凍結時7-(マイナスというのはフラグメントの評価で、フラグメントが5%未満をさします)でしたが、細胞が一つ変性してしまったため現在6-です。」

変性とな。

受精卵が途中で変性を起こしたのは今回が初めてでした。

変性というのは、要するに、細胞が死んでしまったということ。

初めてのことだったので、心配になって、「変性した卵子を戻して大丈夫なんでしょうか?」と培養士さんに質問したところ、

「変性の割合にもよるのですが、半分以上変性しているとかなり厳しいですが、このくらいなら大丈夫です。変性した細胞が他の細胞に悪さをすることはありませんから。変性がある卵子を移植しても、50%くらいの方は問題なく妊娠されていますよ」

50%ってどこから。

恐らくですが、体外受精全体で妊娠率は20〜30%ほど。そのうち、50%が変性のあった卵子、ってことかと。うーん、てことは変性した卵子ちゃんが妊娠できる確率は10〜15%ってことでしょうか。

そのうち、ロバートソン転座の人の着床率は普通の人の3分の一ほどなので、3〜5%ってことか。

なんか、着床できる気がしなくなってきた…またも、ネガティヴスパイラル…

ちなみに、今回の諒ちゃんはこちら。

分かりずらいですが、青く囲んだ部分が変性してしまった細胞です。ちょっと、色がくすんできています。

でも、生命の神秘だよね。受精卵を見るたび、なんて美しいんだろって思います。人ひとりが生まれてくるのってすごいことなんですよね。こんな小さな受精卵になるのだって、大変なことなんですよね。

土曜日に、二段階2日目の諒ちゃんを迎えにいってきます。出来るだけ長く、諒ちゃんと一緒にいられますように。

広告を非表示にする

ホルモン値と内膜チェック

本日は、約二週間ぶりの通院。

D13です。

生理が来たので、移植できるかどうか、ホルモンの値と内膜のチェック。

本日も私の大好きなM先生は午前中お休み…次から予約は午後にしようかしら。

血液検査は、P2(エステラジオール)とE4(プロゲステロン)の値をチェック。プラス、内診で内膜の厚さをチェックして、そちらもあわせて、移植可能かどうか判断して、移植日を決定します。

私をいつも担当してくれているM先生は、なんでも紙でくれる派で、血液検査の結果表とか、内膜チェックの際の内膜の写真とか(もらってもちょっと困る笑)までくれるのですが、先生によるので、今日お話してくれた先生はくれない派でした。

いろいろな人の妊活ブログを見ていると、みんないろいろ勉強していて偉いなぁと思います。

私、先生の言うことを鵜呑みにする派のため、実はあんまり、数値とか気にしてません。

今回も、数値は大丈夫ですねーという先生の言葉を鵜呑みにしE2とかE4の値についてはいくつだったのかすら不明。

こうやって、ブログに書いてみて初めて、あ、数値とか、ちゃんと記録しておいたほうがいいのかなぁ?と思った次第でありますが、けっこう根がネガティヴなので、ちょっとした数値の差でも気にしちゃうほう。なので、知らないほうが幸せなのかもしれません。

内膜の厚さについては、知りたくないが先生が、「はいっ、何ミリねっ」と言ってしまうためどうしても耳に入ってしまいます。

今回は8.1ミリ。…薄め…一応、内膜は8㎜から10㎜で移植可能ということになっていますが、今回は今までで一番薄いかも…何が悪かったんだろ…

内膜については、掻爬手術をすると薄くなるとか言いますが、どうなんだろう。言われてみれば、手術前のほうが内膜は厚かった気もする。

けど、その時々で違うし、内膜はこれやったら厚くなる!!っていうものがあるわけではないので、自分ではどうすることもできないのですが…冬で家にこもりがちだったので運動不足で血流悪くなっているのかなぁ?

この間二日酔いでせっかく飲んだプレマリンを吐いてしまったからかしら…

余談ですが、あんまりにもうまくいかないためか、今回はビタミンC、D、Eを処方されております。

ビタミンCは
・身体の免疫力を高める
・強い血管と骨を作る
・ストレスに対抗する
・他の栄養素の吸収・働きを助ける
などなど、大人気のビタミンなので、すぐになくなってしまうそう。ビタミンCを補給できる食べ物や飲み物ってけっこういろいろ出ているので、摂取はしやすいかもしれません。

ビタミンD
・主にカルシウムとリンの吸収を促進し、骨をつくり、丈夫にする役割がある。それ以外にも、細胞の増殖や分化にも深く関わっているそうです。濃度が低いと、多嚢胞性卵巣症候群や子宮筋腫になりやすいそう。私絶対足りてない
ビタミンDは太陽を浴びることで作られるので、北に行くほど不足するそうですよ!はい、北に住んでいます…

ビタミンEは
・ホルモン分泌作用で排卵の促進、月経周期を正常にする
・子宮内膜を整えて着床率を高める
・血行促進作用で卵子の老化を防ぐ
などの効果があるそうです。

まぁ、M先生曰く【おまじない】なので、劇的な効果があるものではないのだろうと思います。けど、体にいいものなので、せっせと飲んでいます。サプリメントもいろいろな会社から出ていますが、M先生曰くD○○はやめておけとのことだったので、私は葉酸とビタミンB群はファンケルにしてます。食べ物でビタミンを十分に取るのって、けっこう至難の技ですよね。なので、サプリで補充。

とりあえず、2日後と5日後に移植が決定したので、時間ないけれど、明日はウォーキングに行こうかな。

移植に関しては、5連続撃沈なので、どうしても明るいイメージが持てません。幸いなことに妊娠できたとしても、また流産かも…と妊娠してもいないのに、すでに流産の心配まで。笑
頑張ってくれている卵子ちゃん達に申し訳なく、よし、移植だっ!って張りきれない自分…はぁ。ネガティヴになるくらいならあんまり何も考えないでおこうっと。

とりあえず、豆乳を飲もう。