読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

話題のブログ

不妊治療

最近話題のブログについて、ちょっと思ったこと。

保育園に入れず、仕事に復帰できないと。

かたや、子供が授からず、不妊治療に何百万と使い、お金がかかるので仕事をやめることもできない人もおるのです。

どちらが幸せなのかわかりませんが、後者の立場としては、子供手当ももらえず、夫婦共働きなので扶養控除は受けられず、治療費は保険がきかない為全額実費だわ助成金は40過ぎの不妊治療に期待できませんとばかりに年々削られる一方だし、そもそも助成と言えないほどの金額。

それでも子供できるなら報われますが不妊治療は先が見えない不安なもの。

少子化対策というなら不妊治療費をせめて保険適応にしてくれという声も、不妊治療をしている人たちの中から多く聞かれます。

まぁ、正直、何歳になっても不妊治療費は保険適応っていうのは無理があると思います。女性が妊娠できる期間とか、妊娠の可能性が高い年齢というのは限られているもの。でも、若くても、様々な要因で妊娠しにくい人っているんですよね。せめて、年齢を区切ってでも、保険適応にしてほしいというのは正直なところ。だって、それって病気でしょう?

思うのは自由です。不満をいうのも。けど、私からみたら幸せな怒りなんですよね。いや、他の多くの不妊に苦しんでいる人は思っていると思います。

なんと、幸せな怒りなのだろう。と。

実際、子供がいれば、お金がかかるし、不妊治療をしている多くの人は、妊娠が決してゴールではないことを知っていると思います。生まれてくるかこないかわからない子供のために、治療でお金を使い、生まれてきたときのために少しでもお金を貯めておきたい。そう思って、仕事を続けることがストレスだとわかっているけど、やめられないでいる。そんな私から見ると、保育園に入れなくてもいいじゃない!子供が授かったんだから!って思っちゃうんですけど…そもそも子供にお金がかかるのは、最初からわかっていることなはずなんですけど…

すいません。ほぼ、グチです。けど、私たちが住んでいるのは日本で、日本に死んでもらっちゃ困ります。死なないようにするのは政治家だけの仕事ですか?先日のブログでも触れましたが、声をあげ続けること、自分にできること、何かあるんじゃないでしょうか。

まぁ、結果的に、今回のブログは大きな話題になり国会にまで持ち込まれた
のでオーライと言えましょう。

【死ぬ気で戦え】
この言葉、けっこう好きです。後ろ向きなようで、前向き。前向きなようで実は後ろ向き?
(笑´∀`)

立場によって、感じ方ってそれぞれだと思いますが、それぞれがそれぞれの立場で、感じたこと、それはどれもウソじゃないですよね。ということで、私の立場から、感じたことをお話させていただきました。何がダメ、ってことではないです。

子供に全く興味ない人からしたら、せっかく納めた血税を不妊治療とか保育園とか子供にばっかり使ってくれるなってなるんでしょうしね…

独り言。

広告を非表示にする