読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

ホルモン値と内膜チェック

不妊治療

本日は、約二週間ぶりの通院。

D13です。

生理が来たので、移植できるかどうか、ホルモンの値と内膜のチェック。

本日も私の大好きなM先生は午前中お休み…次から予約は午後にしようかしら。

血液検査は、P2(エステラジオール)とE4(プロゲステロン)の値をチェック。プラス、内診で内膜の厚さをチェックして、そちらもあわせて、移植可能かどうか判断して、移植日を決定します。

私をいつも担当してくれているM先生は、なんでも紙でくれる派で、血液検査の結果表とか、内膜チェックの際の内膜の写真とか(もらってもちょっと困る笑)までくれるのですが、先生によるので、今日お話してくれた先生はくれない派でした。

いろいろな人の妊活ブログを見ていると、みんないろいろ勉強していて偉いなぁと思います。

私、先生の言うことを鵜呑みにする派のため、実はあんまり、数値とか気にしてません。

今回も、数値は大丈夫ですねーという先生の言葉を鵜呑みにしE2とかE4の値についてはいくつだったのかすら不明。

こうやって、ブログに書いてみて初めて、あ、数値とか、ちゃんと記録しておいたほうがいいのかなぁ?と思った次第でありますが、けっこう根がネガティヴなので、ちょっとした数値の差でも気にしちゃうほう。なので、知らないほうが幸せなのかもしれません。

内膜の厚さについては、知りたくないが先生が、「はいっ、何ミリねっ」と言ってしまうためどうしても耳に入ってしまいます。

今回は8.1ミリ。…薄め…一応、内膜は8㎜から10㎜で移植可能ということになっていますが、今回は今までで一番薄いかも…何が悪かったんだろ…

内膜については、掻爬手術をすると薄くなるとか言いますが、どうなんだろう。言われてみれば、手術前のほうが内膜は厚かった気もする。

けど、その時々で違うし、内膜はこれやったら厚くなる!!っていうものがあるわけではないので、自分ではどうすることもできないのですが…冬で家にこもりがちだったので運動不足で血流悪くなっているのかなぁ?

この間二日酔いでせっかく飲んだプレマリンを吐いてしまったからかしら…

余談ですが、あんまりにもうまくいかないためか、今回はビタミンC、D、Eを処方されております。

ビタミンCは
・身体の免疫力を高める
・強い血管と骨を作る
・ストレスに対抗する
・他の栄養素の吸収・働きを助ける
などなど、大人気のビタミンなので、すぐになくなってしまうそう。ビタミンCを補給できる食べ物や飲み物ってけっこういろいろ出ているので、摂取はしやすいかもしれません。

ビタミンD
・主にカルシウムとリンの吸収を促進し、骨をつくり、丈夫にする役割がある。それ以外にも、細胞の増殖や分化にも深く関わっているそうです。濃度が低いと、多嚢胞性卵巣症候群や子宮筋腫になりやすいそう。私絶対足りてない
ビタミンDは太陽を浴びることで作られるので、北に行くほど不足するそうですよ!はい、北に住んでいます…

ビタミンEは
・ホルモン分泌作用で排卵の促進、月経周期を正常にする
・子宮内膜を整えて着床率を高める
・血行促進作用で卵子の老化を防ぐ
などの効果があるそうです。

まぁ、M先生曰く【おまじない】なので、劇的な効果があるものではないのだろうと思います。けど、体にいいものなので、せっせと飲んでいます。サプリメントもいろいろな会社から出ていますが、M先生曰くD○○はやめておけとのことだったので、私は葉酸とビタミンB群はファンケルにしてます。食べ物でビタミンを十分に取るのって、けっこう至難の技ですよね。なので、サプリで補充。

とりあえず、2日後と5日後に移植が決定したので、時間ないけれど、明日はウォーキングに行こうかな。

移植に関しては、5連続撃沈なので、どうしても明るいイメージが持てません。幸いなことに妊娠できたとしても、また流産かも…と妊娠してもいないのに、すでに流産の心配まで。笑
頑張ってくれている卵子ちゃん達に申し訳なく、よし、移植だっ!って張りきれない自分…はぁ。ネガティヴになるくらいならあんまり何も考えないでおこうっと。

とりあえず、豆乳を飲もう。