読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

二段階移植2日目とその後

不妊治療

二段階移植一日目からしばらーく、時間が空いてしまいました。

二段階移植2日目は、1日目から3日後で、5日目胚盤胞を二つ移植して来ました。

移植はしたものの、いつものネガティヴスパイラルに落ち入り、なんとなくブログを更新する気にもなれず、しばらく放置してしまいました。

けど、そもそも、自分の不妊治療の記録を兼ねたブログなので、記録しないと意味がないっ!と思い、ようやく書きはじめた次第でございます…

結果から言うと、6回目の今回もまた、ダメでした。

もう、ここまでダメだと、自覚というか…生理前みたいな腹痛とか、内膜が剥がれて来てる感じ?の生理前のシクシク感とかで、BT6日目あたりから今回もダメかなぁ…という予感はあったのですが。

よく、いろんなブログで妊娠超初期症状って書いているのを見かけて、自分もそうなのかも!って不妊治療をはじめたころはドキドキしたり期待したりしてたのですが、最近思うのは、

妊娠してようがしてまいが症状は大差なし。

実際に妊娠したときも、5週を超えるあたりまでは、生理が来る前と全く症状は変わりなし。もちろん、その時々で微妙に症状は違うわけですが、その症状の変化に一喜一憂していると、毎回が想像妊娠。人間の想像力、恐るべし。

なので、最近は私は妊娠超初期症状なるものや着床痛は全くあてにしていません。笑
よくある移植後何日目、という症状の記録は想像妊娠の要素が大きくて、あまり意味がないと思っているので、私の場合は記録しません。基礎体温も意味がないし。

まぁそんなわけで、下腹部がシクシクしはじめたBT6ごろからフライングしちゃおうかなーと迷いはじめ、けど根っからの貧乏症なため、まだまだ検査薬の反応が確実に出る時期までは、と堪えて、BT8にフライング。

結果は、驚きの白さ

過去5回のフライング結果により、ET11、あるいはBT8にフライングしてうっすらでも陽性が出なければ、妊娠はしていない。

その確率100パーセント。

まぁ、hcgの伸びは卵子ちゃんによってすごく遅めだったりする場合もあるので、100%、とは言い切れませんが、早期妊娠検査薬を使わずとも、通常の妊娠検査薬はhcg50には反応するので、この時期で無反応はほぼ陰性は確実。

そんなわけで、BT8のフライング以降は、すっかりやる気をなくし笑、それ以降フライングは一切せず、迎えた今日、BT11、妊娠判定の日。

結果はやはりの陰性でしたが、今まで、一回もかすりもせず、血中hcgは毎回

hcg<0.5

という結果だったのですが、今回はなんとなんと、

hcg=11.9

血中hcgでこれならそら妊娠検査薬には反応しないわな。

BT11でこの数値は非常に低く、先生いわく、着床はしたけどこの数値では妊娠の継続はしないでしょう、とのこと。ホルモン剤の投与も中止されてしまいました。このまま、生理を待つ感じです。一応、一週間後に再度hcg値を確認しにいきます。

残念そうに結果を伝えた先生でしたが、
「えっ!hcg11!今までかすりもしなかったんです!かすったってことですね!」と喜ぶ私に苦笑。
「着床はできたね。そんなに喜ばれるとは」って感じでした。

もちろん、妊娠の継続ができないことはとても残念なことです。でも、今まで着床すらできなく、やっぱり筋腫が良くないのかしらとか内膜が薄いのかしらとか、そもそも着床まで卵子ちゃんが育たないのではないか?といろいろ悩んできたのですが、もしかしたら、着床できることもあるのかも。という希望が生まれたことが、私には大きな進歩だったのです。

諒ちゃんよく頑張ったね。ママはもう少しだけ、頑張ってみるよ!

まだ、凍結卵子ちゃんがあるので、あるだけ全部移植はしたいと思っています。良い結果が出ても出なくても、諒ちゃんが頑張ってくれた分、ママも頑張らないとね!勇気をくれてありがとう。

記録用に、今回の5日目の諒ちゃんの写真です↓

さて、明日からまた、体作り頑張らないと。