つれづれのおはなし

よそじ、つれづれ。

たぁちゃんの本棚②

たぁちゃんは先日、お母さんのところへ無事帰りました。

結局2カ月近く我が家で暮らしたたぁちゃんは今日で一歳と9カ月。

最近、メキメキと言葉を覚え、大人の言うことを復唱しておしゃべりするようになったたぁちゃん。

めくるだけだった絵本を、一緒に声を出して読むようになったたぁちゃん。

怒られるとすぐ落ち込むけどすぐ立ち直るたぁちゃん。

お母さんと一緒に、幸せにスクスク育って欲しいです。私たちにはもう願うことしか出来ないので。

話は変わりますが、先日、階下の住人から苦情がありました。

子供の走り回る音がうるさい、迷惑だと。

確かに子供はしょっちゅう走り回っていましたが、正直、小さい子供の足音がそんなに響いているとはおもわず。

我が家はフローリングなので、余計響くのかもしれません。

次にくるかも知れない子供のためにも、防音対策をしなくっちゃなぁと思いました。

コルクマット&防音カーペット作戦を考えていて、少しずつ準備を進めていこうと思います。

でも言い方ってあるよね。頭ごなしに言うんじゃなくて、「うちも子供がいるのでわかるんだけれど、もう少し気をつけてもらえませんか?」とか、「小さいお子さんは仕方ないとは思うんですけど」とかさ、もう少しソフトに言えないものかね。言われた方もむっとするし、逆効果な気がします。

まぁ、そんな風にしか言えない人はそれだけで人生だいぶ損してると思うので、私は気をつけようっと。

たぁちゃんが来てくれたことで、子供がいないと絶対経験できなかったことや気づきがたくさんありました。

普段夫婦二人で気ままに生活していた私たちにとっては、窮屈に感じることもたくさんあったけれど、とても貴重な経験をさせてもらったと思います。



たぁちゃんありがとう!



幸せに、なるんだぞ!



GOGO!(たぁちゃんの口ぐせ)